バークレーのつぶやき

2010年10月から2011年8月まで夫の研究のため サンフランシスコ近郊 ベイエリア Albany に滞在することになったので、ここでの生活をつぶやいていこうと思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

アルカトラズ島

断崖絶壁の小さな島、
かつては、連邦政府刑務所のあった監獄の島、別名は”悪魔島

CIMG3338_convert_20110129152222.jpg


船に乗るため港へ・・

CIMG3224_convert_20110129153048.jpg

この船に乗ります。

CIMG3325_convert_20110129153140.jpg


息子は、船に乗れて楽しそう

CIMG3230_convert_20110129153238.jpg

20分の船旅をして、目的の島。

CIMG3242_convert_20110129153323.jpg

CIMG3315_convert_20110129163838.jpg


到着してから注意事項等を話され、

そのあと、島の頂上に牢屋があるので、坂を上り、
1階には、集団シャワー室がありました。

CIMG3250_convert_20110129154548.jpg

オーディオツアーのヘッドホンが渡され、日本語のナレーションつきなので、
ここでの囚人たちの生活や脱獄した時のストーリーもありとてもスリルだったので、
聞いてるみなさんの表情が深刻そうな顔をしていました。


CIMG3252_convert_20110129154620.jpg

室内は、太陽光の光のみ、
この日は天気が良かったので、明るかったのですが、
曇りや雨の日は、とても不気味な感じだと思います・・

CIMG3255_convert_20110129154655.jpg

こちらの部屋は、規則を破った者が罰則として入れられます。
ここに入る囚人は、7日間に1回、10分間のシャワーが許されるほかは、
1歩も外に出られなかったそうです。
扉は、分厚く。
光さえ入らない部屋だったので、恐ろしく感じました。


CIMG3261_convert_20110129154747.jpg

絵を飾られた部屋もありました。

CIMG3267_convert_20110129154832.jpg

楽器をおいた部屋もありました。

こういう部屋を見ると緊張していた気持ちが落ちつきます。


CIMG3275_convert_20110129155009.jpg

何もわかっていない息子は・・抱っこで、寝てしまい。。夢の中・・

CIMG3274_convert_20110129164428.jpg

当時の看守の方の制服です。

CIMG3276_convert_20110129155032.jpg

3人の脱獄方法の説明。

CIMG3288_convert_20110129155111.jpg

脱獄をしたときのダミー人形。
奥にある通気口をスプーンなどで削って、潜っていったそうです。


CIMG3289_convert_20110129155138.jpg

続いて、食堂です。
食堂は、刑務所内で危険なひとつとされてきたそうです。
囚人は、金属のフォークやスプーン、トレイを持っていたため
天井には、催涙ガスがあったそうです。


CIMG3299_convert_20110129162812.jpg

料理場です。
包丁は、すぐわかるようにあんな配置になってるそうです。

CIMG3298_convert_20110129162859.jpg

この写真は、刑務所が閉まるときの写真です。
ここの刑務所は、予算がかかるためケネディ大統領の支持のもと、
閉じられたそうです。
このとき、看守の方は、地獄から天国のようだと言われてました。


CIMG3300_convert_20110129164523.jpg

次は、刑務所から出た外の風景です・・(つづく)















スポンサーサイト
  1. 2011/01/29(土) 17:00:10|
  2. ちょっとそこまで・・
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。